仏衣

《納棺の際に故人にお着せする仏衣》

​故人が清らかな気持ちで極楽浄土へ旅立つための正式な身支度です

金閣

正絹最高級染佛衣

正絹(しょうけん)は古より最も高級な衣類として人々の憧れとなっておりました。


その絹を贅沢に使用して高貴な黄金色に染め上げた、正絹100%の最高級佛衣です。

正絹特有の豊饒な優しい色彩に包まれてお旅立ちになり、極楽浄土で安らかに永眠されますようお祈りして製作いたしました。

金閣-京都法繊の仏衣・佛衣
金閣-京都法繊の仏衣・佛衣

※実物と多少色のイメージが異なります。ご了承くださいませ。

【佛衣】佛衣(ぶつい)とはもとは仏様が身にまとう衣を指していました。佛衣は仏の弟子になるための衣装であり、四十九日間の旅に出るための旅支度として、納棺の際に故人に着せる衣装です。故人が旅の途中で困ることのないよう、けがれや煩悩のない清らかな気持ちで極楽浄土へ旅立つための正式な身支度をして送るという、古来の習慣が受け継がれています。

TEL.06-6374-8792  FAX.06-6374-6379

京都法繊株式会社

【本社】京都府宇治市神明石塚73-17

【大阪CSセンター】大阪市北区鶴野町4-11朝日プラザ1210号 

Copyright(C)2016 京都法繊株式会社 All Rights Reserved. ※当サイトに掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます