仏衣

《納棺の際に故人にお着せする仏衣》

​故人が清らかな気持ちで極楽浄土へ旅立つための正式な身支度です

彩(いろどり)の仏衣

極楽浄土の花薗をイメージし、パステル調で優しい色彩の「浄土花」を配した白生地を帷子に仕立て、安らかに永眠されますようお祈りし製作いたしました。

雅-京都法繊の仏衣・佛衣

※実物と多少色のイメージが異なります。ご了承くださいませ。

【佛衣】佛衣(ぶつい)とはもとは仏様が身にまとう衣を指していました。佛衣は仏の弟子になるための衣装であり、四十九日間の旅に出るための旅支度として、納棺の際に故人に着せる衣装です。故人が旅の途中で困ることのないよう、けがれや煩悩のない清らかな気持ちで極楽浄土へ旅立つための正式な身支度をして送るという、古来の習慣が受け継がれています。